Q&A about Hydrogen

水素に関するQ&A

お客様から寄せられる水素のご質問をまとめました。

水素についての色々な情報が飛び交っているため、弊社へのお問い合わせいただくお客様は大勢いらっしゃいます。そのなかでもご質問が多い項目をこちらのページにまとめましたので、ぜひご一読くださいませ。

水素とは?

Q

水素とは何ですか?

A

水素は元素のなかで一番小さな原子で、宇宙全体で一番多く存在する物質です。私たちの住む地球上では、ほとんどの水素が水(H2O)のように化合物として存在しています。水素は、産業用途として広く使われており、昨今では医療分野、健康分野でも注目を集めています。


Q

水素はどのように取り扱われていますか?

A

水素と聞くと「引火や爆発」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、製造工程においては、水素を貯蔵する際には高い密閉性が確保されています。また、漏れ出した水素が一か所に留まらないようにするため、排気孔や排気ファンなどを設置し、素早く大気中に水素が拡散するようになっています。


Q

ppmとは何ですか?

A

ppm(Parts per Million : 100万分の1)ppmとはParts per Millionつまり100万分の1という意味です。よって100万ppm=100%と等しくなります(なのでppmの上限値は100万)。水溶液(水)の場合は「mg/L=ppm」として扱います。

水素の効果

Q

どうして水素が注目されているのですか?

A

私たちの身体は約60兆個の細胞から成り立っているといわれています。この細胞の中にさらに小さなミトコンドリアが生きていく上で必要な“エネルギー”をつくりだします。この時に副産物として発生するのが活性酸素です。この活性酸素のうち「悪玉活性酸素」が溜まってしまうと、体を錆びさせ、老化につながると言われています。

水素はこの「悪玉活性酸素」のみに結びつき無害な水へ変化する働きがあり、体が錆びるのを防ぐサポートをしてくれます。体の酸化は、美容、健康などさまざまなトラブルの原因と言われていることもあり、こうした水素の「抗酸化作用」に注目が集まっています。


Q

どうして活性酸素が発生するのですか?

A

活性酸素はミトコンドリアによる副産物と述べましたが、日常生活でも発生すると言われています。それは以下のような原因によって引き起こされています。

● 呼吸(呼吸のうち2%が活性酸素になると言われています。)● ストレス ● 紫外線 ● 喫煙 ● 化学物資

● 添加物 ● 過度な飲酒 ● 大気汚染 ● 激しい運動 など


Q

水素にはどんな効果がありますか?

A

水素には以下のように、さまざまな効果があると言われています。

● 二日酔い ● 便秘 ● ダイエット ● 肩こり ● アンチエイジング ● 歯周病 ● 花粉症 など

実際に論文で発表されている項目はこちらを参照ください。


Q

副作用はありますか?

A

水素は空気中にも存在するので、摂取しても害はありません。体に吸収された水素は、活性酸素と反応し「水」に変化し、老廃物とともに体外へ排出されます。抗酸化作用をもつ物質は、ビタミンやポリフェノール等ありますが、こちらはあまりに沢山取りすぎると害を及ぼす危険性もあると言われているため、水になって排出される水素はそのような心配がありません。


Q

どのくらいで効果を実感できますか?

A

個人差があるため、すぐ実感される方も多くいます。当社に寄せられるお客様の声では、1週間から1ヶ月程度で違いを感じられたという方が最も多いです。


Q

水素の濃度によって効果は違いますか?

A

摂取した水素水が体外に排出される割合や、水素濃度による効果の実験の結果から、1ppm以上の水素を摂取することが望ましいと言われています。

水素の保存

Q

水素はすぐに抜けてしまいますか?

A

さまざま水素水商品がありますが、その精製方法や保存形状によって摂取時には水素がほとんど残っていないというケースも。弊社では水素の摂取にはサプリメントをおすすめしており、体の中でしっかりと水素を発生させることができます。

水素水の種類や形状については、こちらをご覧ください。

水素の摂取

Q

幼児や高齢者でも大丈夫ですか?

A

水素は食品添加物として厚生労働省が認めている安全な物質です。しかし、水素サプリメントはカプセルなので、幼児や高齢者にはおすすめできません。(高齢者の飲用は喉に詰まらせないよう十分ご留意ください。)また、水素と薬の飲み合わせの研究が進んでいないことから、薬を飲用されている方はサプリメントを飲む前に必ず医師にご相談ください。心配な方はサプリメントより手軽な入浴料をおすすめいたします。


Q

妊活・妊娠中ですが大丈夫ですか?

A

妊活中は問題ありません。妊娠中も臨床的に問題はありませんが、代謝効果があるので妊娠中は服用を控えられるのがいいかもしれません。不安な方は医師にご相談ください。


Q

ペットに与えても大丈夫ですか?

A

問題ありません。動物(犬・猫)のほうが人より多くの活性酸素を発生するためより効果が発揮される可能性があります。


Q

併用できない薬はありますか?

A

健康食品なので心配はありません。他のサプリメントと併用して服用されるお客様もいらっしゃいます。


Q

料理に使用できますか?

A

当社では水素水を扱っておりませんが、水素水で料理をした場合、水素は熱を加えると逃げてしまうため水素本来の効果を得ることはできません。


水素関連書籍のご紹介

最新版水素のチカラ、なぜ水素で細胞から若返るのか、専門医が教えるデトックス入門水素療法で、老化と病気の原因を根絶、辻直樹

合わせてご覧ください

企画・製造も行っております。

下記フォームまたはお電話にてお問い合わせくださいませ。