Regen H2トリートメント

Regen H2トリートメント

Regen H2トリートメント写真

水素が発生するセラムで
髪・頭皮から全身の活性酸素に直接アプローチ

「体が錆びる」「老化の原因?」などと言われる活性酸素は、髪ではパーマ・カラーリングでも発生しています。「Regen H2トリートメント」は、髪・頭皮に直接塗布して効果的に活性酸素にアプローチできるため、パーマ・カラーリング後のヘアケアに適しています。通常のトリートメントとの併用も可能なため、メニューの組み合わせも可能。いつものヘアケアに「プラスワン」としておすすめいただけます。
またリニューアルしたことで全身にも使えるようになりました。髪・顔・その他気になる箇所など、お悩みに応じて幅広くご利用いただけます。

【ヘア】Regen H2トリートメント使用方法

【ヘア】高濃度水素で髪・頭皮にアプローチ

水素はカラダ中の活性酸素を除去し健やかな状態へ導く力があります。パーマ・カラーリングの際には大量の活性酸素が発生するため、放っておくとヘアダメージや白髪の原因に。「Regen H2トリートメント」は水素水や水素サプリメントとは違い、髪・頭皮に直接水素を送り込み集中的にダメージを補修することができる新発想のヘアトリートメントです。

【ヘア】20代からはじまる髪の老化

毛髪の太さは平均すると女性は30代後半、男性は20歳前後が最も太く、その後は少しずつ細くなり、ハリ・コシが弱まることがわかっています。水素はこうした髪の老化にもアプローチします。

【ヘア】髪には自己修復機能がありません

ヘアカラー・パーマ、長時間の太陽光などで髪の構造は弱くなり、内部の栄養が流れ出やすくなります。こうして髪内部に空洞が多くなると、ツヤが低下、色が白っぽく褪せて見えるようになります。髪には自己修復機能がないため、一度傷めると自然に回復しません。だからこそ、髪のコンディションを知り傷みを進行させないお手入れが大切です。

活性酸素による髪のダメージ

【ヘア】ヘアダメージと活性酸素の関係

パーマは還元剤を用いて髪の内部の構造を一度切り離し、二剤による酸化作用で形をキープする際に活性酸素が発生します。カラーリングでは一剤(色)と二剤(酸化剤)を混合することで一剤の色を発色させる際に活性酸素が発生します。これらの活性酸素に、トリートメントではアプローチできません。

活性酸素による髪のダメージ

【ヘア】髪・頭皮の活性酸素にアプローチする水素

水素は「健康・美容」という分野で注目を浴びていますが、「Regen H2トリートメント」は、そのパワーをヘアケアに使うことができます。日常生活、カラーリング、パーマで発生する活性酸素へ積極的にアプローチすることで、健康な髪・健康な地肌づくりをサポートします。

【ヘア】お手入れの流れ

カラーリング・パーマ、ヘッドスパのオプションとしてなど、幅広い用途でご利用いただけます。

1. 当トリートメント液を混ぜる 2. 全体に揉み込むように塗布 3. 頭全体をタオルで覆う
4. 10〜15分放置します 5. 通常通り洗い流します 6. ブローします

【ヘア】アンケート結果

Regen H2トリートメント(ヘア)で効果を実感しましたか?どんな効果を実感しましたか?
※個人の感想であり効果を示すものではありません。

【フェイシャル】水素とフェイシャルケア

水素は非常に強力な抗酸化力で悪玉活性酸素を無害な水にかえることができると共にコラーゲンの産出を促進するパワーを持っています。また水素が他の抗酸化物質と違うところは、水素は非常に小さな構造を持った元素であること。つまり細胞の奥深くまで入りこむことができ、細胞のあらゆるところで発生する活性酸素を除去することができるのです。

【フェイシャル】 トリートメント結果

【フェイシャル】お手入れの流れ

「ノーマル月2回コース」「肌改善コース月3回(3ヶ月)」の他、既存コースのオプションパックとしてもご使用いただけます。水素が6時間以上発生し続けるのでふき取りはしません。

1. クレンジング 2. ウォッシング 3. Regenをお顔全体〜首に塗布
4. タオルマスクorシートマスク 5. 15分放置 6. 軽くティッシュオフ
7. 基礎化粧品でお仕上げ

【フェイシャル】アンケート結果

Regen H2トリートメント(フェイシャル)で効果を実感しましたか?どんな効果を実感しましたか?
※個人の感想であり効果を示すものではありません。

【ボディ】水素とフェイシャルケア

水素は赤みやニキビの改善にも効果を発揮しますので背中の肌荒れ改善に最適です。また抗炎症作用もあります。水素を摂ると代謝が上がるので身体や肌がポカポカしてきます。疲労物質である「乳酸」を水素は改善しますので肩こりや腰痛の改善にも効果的。このように色々な部位にご活用いただけるのが「Regen H2トリートメント」です。

【ボディ】お手入れの流れ

下記は使用例ですのでフェイシャル同様、ボディマスクとして既存のコースでご活用いただけます。(ホットタオルやアルミでケア箇所を覆い水素発生量を高めていただくと、より効果を実感いただけます。)

1. タオル拭き取り 2. Regenをケアしたい箇所に塗布 3. 自社使用のボディケアを塗布
4. 15〜20分マッサージ 4. またはタオルマスクで放置 5. 終了

取り扱い方法

Regenは二層式になっています。美容液(下部)とパウダー(上部)はパッケージにより分離されていますので、ご使用直前に下部を折り曲げ上部に向かって押し出します。Regenは水分に反応して水素を発生させるので、水分量が少ないと効果が減少してしまう可能性がございます。

取り扱い方法(ヘア)

お湯を適量入れたアプリケーターに混合したRegen原液を入れ、よく振ります。
【目安量】
男性:20cc
女性/ショート:30cc、ミディアム:40cc、ロング:50cc
※こちらは使用例ですので状況に合わせてご使用ください。

取り扱い方法(フェイシャル・ボディ)

Regen原液をトリートメントカップに入れ、原液を少しずつトリートメント部位に塗布します。
【目安量】
顔〜首(女性はデコルテまで):1包
ボディ(デコルテ、背中上or下、腕、脚上、脚下、胸、お腹、お尻):1包
ボディ(背中全体・脚全体):2包
※こちらは使用例ですので状況に合わせてご使用ください。

Regen H2トリートメント 元素(水素)分析結果

水素(%)※粉末 2.9%
水素(%)※液体 6.0%
水素濃度 29,000ppm
※粉末(250mg)の2.9%
注意点 液体の測定では、成分に含まれる水(H2O)の水素を検知しているため、H2(水素ガス)の量ではありません。

成績報告書(発行/高知県工業技術センター)

分析結果の比較

水素サプリメント Regen H2トリートメント(粉末) ハイドロジェンジェネレーター(粉末) アンチオキシディションバーム
水素(%) 4.2 2.9 0.7 5.2
水素濃度(ppm) 42,000 29,000 7,000 52,000

合わせてご覧ください

企画・製造も行っております。

下記フォームまたはお電話にてお問い合わせくださいませ。