TANREI TANSA

端麗短鎖
(短鎖脂肪酸サプリメント)

端麗短鎖(短鎖脂肪酸サプリメント)写真

有効成分「短鎖脂肪酸」100%配合
短鎖脂肪酸3つのパワーで健康的にダイエットをサポート

端麗短鎖は「ES大豆発酵生産物」を使用。これは筑波大学と食品ベンチャー企業の共同開発で、大豆を豆乳にし複数の乳酸菌を加え3年もの間、独自に発酵・処理を行い、短鎖脂肪酸を発生させたものです。さらにしっかりと腸へ届けるために「腸溶性(崩壊遅延)カプセル」を使用。全て国内製造、安心のサプリメントです。

端麗短鎖(短鎖脂肪酸サプリメント)パッケージ 端麗短鎖(短鎖脂肪酸サプリメント)パッケージ・カプセル 端麗短鎖(短鎖脂肪酸サプリメント)カプセル

痩せやすい人の秘密は「バクテロイデス」にあることが
近年の研究でわかってきています。

色んなダイエットをしてきたけどなかなか痩せない、痩せてもリバウンドしてしまうそんなお悩みの原因は「腸内細菌」にあるということが細菌の研究でわかってきました。太りやすい人の腸内には「やせ菌」と言われれる「バクテロイデス」が少なく、痩せやすい人の腸内には「バクテロイデス」が多いのです。

太っている人・痩せている人のメカニズム

バクテロイデスとは?

別名「痩せ菌」といわれている腸内細菌です。バクテロイデスは「短鎖脂肪酸」を出して脂肪の吸収を抑えたり燃やしたりしますが、痩せている人にはこのバクテロイデスが多く、太っている人には少ないと言われており、太っている人は「フィルミクテス(ファーミキューテス)」という腸内細菌が多く、これが「デブ菌」呼ばれています。

フィルミクテス(ファーミキューテス)とは?

フィルミクテスを増やしてしまう原因は主にに食事と言われています。フィルミクテスは食べ物を栄養・エネルギーなどに変えて「吸収」するのを得意としています。よって食事量が増えるとフィルミクテスの働きも活発になり、フィルミクテスも自然に増えてしまいます。

「やせ菌/バクテロイデス」も「デブ菌/フィルミクテス(ファーミキューテス)」も
日和見菌の仲間。

「やせ菌/バクテロイデス」も「デブ菌/フィルミクテス(ファーミキューテス)」も、腸内細菌の「日和見菌」に分類されています。腸内細菌の理想的な比は「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」といわれていています。ですから、善玉菌が優勢になればバクテロイデスやファーミキューテスも腸内環境を良くする方向に働き、逆に悪玉菌が優勢になれば腸内環境を悪くする方向に働くことになってしまいます。

腸内細菌の図

日和見菌とは?

善玉菌と悪玉菌は腸内で常に勢力を広げようと争っています。日和見菌は勢力争いの結果、優勢なほうへ加勢する腸内細菌。

「やせ菌/バクテロイデス」を増やす方法は、
食事、乳酸菌、食物繊維の摂取などで善玉菌が優位な腸内フローラをつくること。

腸内環境は1人1人異なるので、その人が生れながらに持っている「理想的なバランス」に近づけていくのが望ましいです。しかし、乱れた食生活・ストレスなどで腸内細菌のバランスは簡単に崩れてしまうため、継続して理想的な腸内バランスを保つことは難しいのです。

善玉菌が好む食べ物

食物繊維や、善玉菌のエネルギー源となるオリゴ糖も善玉菌の大好物です。これらのようなものが挙げられます。(玉ねぎ、ゴボウ、バナナ、キャベツ、大豆、トウモロコシ、果実類、しいたけ、海藻類など)

悪玉菌が好む食べ物

砂糖と油分が悪玉菌の大好物です。これらのようなものが挙げられます。(肉、油っぽい食べもの、甘いお菓子・デザートなど)

「端麗短鎖」は、やせ菌のつくる「短鎖脂肪酸」を直接摂取することができます。

上記のように「デブ菌/フィルミクテス(ファーミキューテス)」を減らして、「やせ菌/バクテロイデス」を増やすには継続して努力することが必要になります。しかし、「端麗短鎖」では「やせ菌/バクテロイデス」が出す「短鎖脂肪酸」を直接摂取することで、「やせ菌」のパワーをそのまま活かすことができます。

短鎖脂肪酸とは?

大腸の内で腸内細菌(やせ菌/バクテロイデス)によって作られる酸(有機酸)の一種です。具体的には酢酸、プロピオン酸、酪酸などの種類があり、これが「短鎖脂肪酸」と呼ばれています。

「短鎖脂肪酸」3つのパワー

「やせ菌/バクテロイデス」が出す「短鎖脂肪酸」には痩せ体質をつくるのに適した3つのパワーがあります。

1.脂肪の吸収を抑える


燃焼しきれずに余ったエネルギーは「中性脂肪」へ合成されカラダに体脂肪として溜まっていきます。短鎖脂肪酸はこの中性脂肪が合成される働きを抑制します。

脂肪の吸収を抑える図

2.脂肪を燃焼させる


カラダに溜まった体脂肪は、そのままエネルギーにすることができず「脂肪酸」へ分解する必要があります。短鎖脂肪酸はこの分解をサポート。さらに「脂肪酸」の燃焼もダブルでサポートしてくれます。

脂肪を燃焼させる図

3.食欲を抑える


短鎖脂肪酸は、小腸にあるL細胞を刺激してGLP-lやPYYなどの通称「痩せホルモン」と呼ばれているホルモンの分泌を促します。これらの痩せホルモンは、食欲を増進させるホルモン「グレリン」の分泌を抑える働きがあります。また、脳の神経を刺激して「食べたい」という気持ちを抑える働きもあるため、満腹感が持続し、自然と食欲をコントロールすることができる身体になるのです。

食欲を抑える

その他にも..「悪玉菌を抑える“殺菌・静菌作用」

短鎖脂肪酸は、腸内を適度な「酸性」に保ち善玉菌を応援、悪玉菌をやっつけてくれます。短鎖脂肪酸のなかでも「酢酸」には悪玉菌を退治する殺菌作用、悪玉菌の増殖を抑える静菌作用があります。

その他にも..「体を守るバリア機能アップ」

腸の表面の広さはテニスコート1面分にも相当すると言われていますが、こんなに広い腸の表面は、食事と一緒に取り込まれるウイルスなどによる危険にいつも晒されています。だからといって簡単に病気になったり、感染することはありません。それは腸の粘膜がバリア機能を持っているからです。短鎖脂肪酸のうち、酪酸やプロピオン酸には、元気な腸の粘膜を応援してバリア機能サポートすると言われています。

「端麗短鎖」は有効成分「短鎖脂肪酸」100%

「やせ菌/バクテロイデス」が出す有効成分「短鎖脂肪酸」を100%の端麗短鎖は、筑波大学と食品ベンチャー企業の共同開発で完成した「ES大豆発酵生産物」を使用。大豆を発酵してつくられた成分なので安心してご利用いただけます。

大豆の写真

ES大豆発酵生産物とは?

筑波大学と食品ベンチャー企業の共同開発で、大豆を豆乳にし複数の乳酸菌を加え3年もの間、独自発酵・処理を行い、短鎖脂肪酸を発生させた成分です。大豆を発酵しているため強い発酵臭があり、そのままでは飲みにくいというデメリットがあります。そこで端麗短鎖は、カプセルで発酵臭を閉じ込め手軽に飲みやすくしました。※かみ砕くと強い発酵臭がしますので、噛まずにお飲みください。

腸へしっかり届ける「腸溶性(崩壊遅延)カプセル」使用

成分が胃で溶けてしまうと腸へ届けることができません。そこで、端麗短鎖は「腸溶性(崩壊遅延)カプセル」を使用。しっかりと腸へ届けます。

腸溶性(崩壊遅延)カプセルイメージ

腸溶性(崩壊遅延)カプセルとは?

腸へ「直接」成分を届ける「腸溶性(崩壊遅延)カプセル」は、胃の中で溶けず腸に到達してから溶け、内容成分が吸収されるように設計。胃酸によって成分が分解することを防ぎ、短鎖脂肪酸を「直接」腸へ届けます。

このようなお悩みをお持ちのかたに

体重が気になる カロリーを気にせず色々食べたい お腹の脂肪が気になる
肥満気味だ 間食をしてしまう 便秘気味だ
魚より肉が好き 食物繊維が不足している 食事バランスが乱れている
おならがくさい

(悪玉菌である大腸菌やウォルシュ菌などが、食べ物を腐敗させて臭い有毒ガスを発生させます)

よくあるご質問

どのくらい飲み続けたらいいですか?

腸内環境はそれぞれ違うため、飲む量も異なってきますが、目安として1日2~3粒をお食事前に毎日の習慣として3ヶ月お続けください。


お水以外で飲んでもいいですか?

水で飲むのがよいとされています。水が胃に刺激を与えて消化運動を高めることで、栄養をスムーズに小腸へ移動させてくれます。お茶やコーヒーは、カフェインやタンニンが栄養素とくっつくことで、吸収を低下させてしまうことがあります。


いつ飲んだらいいですか?

食事の30分前に飲むことで、脂肪を吸収しにくくなります。


一度にたくさん飲んでもいいですか?

用法をきちんとお守りください。栄養をたくさん摂りたいからといって、用法を超えて飲んでしまうのは逆効果です。量によっては、健康を損ねてしまうおそれもあります。ラベルに書かれた用法をきちんと守り、必要に応じて加減してください。持病をお持ちの方は、必ずかかりつけの医師にご相談の上お召し上がりください。


妊娠中や授乳中に飲用してもいいですか?

基本的に妊娠中や授乳中はおすすめしません。お控え頂くか、ご飲用の際はかかりつけの医師にご相談ください。

商品概要

内容量

33.9g〔1粒重量565mg ( 1粒内容物重量360mg) x 60粒〕

使用方法

1日1カプセルを目安にお水と一緒に摂取してください。カプセルが喉につまらないように、ご高齢者、お子様の摂取の際は気をつけてください。開封後は、空気中の水分と反応し、水素が徐々に放出されますので、封はしっかり閉め、お早めにお召し上がりください。

名称

マグネシウム含有食品

原材料

サフラワー油(国内製造)、乳酸菌発酵生産物(大豆を含む) /ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、トウモロコシたん白

栄養成分

熱量:4.01kcl たんばく質:0.15g 脂質: 0.36g 炭水化物: 0.04g 食塩相当量: 0.0005g

※(1粒(565mg)当たり推定値)

ご注意事項

開封後は、なるべく早くお召し上がりください。

湿気を嫌いますので、開封口をしつかりと閉めてください。お子様の手の届かないところで保管してください。カプセルがのどにつまらないようにご注意ください。

体質、体調により、まれに合わない場合がございますので、その場合にはご使用をお控えください。

疾病などで治療中の方がご使用になる場合には、事前に医師にご相談くたさい。食品アレルギーがご心配な方はご使用をお控えくたさい。

本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。

なお、本品は短鎖脂肪酸独自の発酵臭がありますのでカプセルを噛まずにそのままお飲みください。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

企画・製造も行っております。

下記フォームまたはお電話にてお問い合わせくださいませ。